セイバー病 吉田町

セイバー病 吉田町

2018-10-10

踵骨骨端症( 別名:セーバー病、シーバー病)は、10歳前後の男児に多くみられる病気で、かかとの軽い腫れ、圧痛(押すと痛いこと)、歩行時痛がその症状です。過激な運動のあとに症状が出ることが多く、かかとの痛みのため、つま先歩きになることもあります。

発育期の子どもの弱い踵骨骨端部(かかとの骨の端でアキレス腱が付着しているところ)に運動などで負荷がかかり、そこにアキレス腱の引っぱる力が持続的に加わることで、踵骨に血流障害が起こり、踵骨骨端核(かかとの骨の骨端軟骨より先の部分)の壊死、または骨軟骨炎を発症するのがこの病気です。

当院では治療は勿論ですが検査することも可能です!!!

この症状が本当にそこが原因なのかどうかまで調べることが可能です!!

もしご自身や知り合いで居ましたらお電話お待ちしております!!

藤接骨院 インスタ


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込み・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 0548-33-4320
メールでのお問合せ

榛原郡吉田町 牧之原市の整体院 骨盤矯正「藤接骨院」の詳細情報

住所 〒421-0304 榛原郡吉田町神戸126-6
電話番号 0548-33-4320
営業時間 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00 (受付は19:30まで)
交通事故の方は20時まで受付!
定休日 土曜午後・日曜・祝日
駐車場 20台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY
個人情報の取扱PI




MENU

MAIL

TEL
HOME