牧之原 吉田 島田 藤枝 便秘 排便 仕組み 骨格矯正 トムソンベット 改善 前編

牧之原 吉田 島田 藤枝 便秘 排便 仕組み 骨格矯正 トムソンベット 改善 前編

2019-12-16

こんにちは! 藤接骨院です!

 

本日は実際に来院された患者さんの悩みであった便秘が治ったことについてお話します!

 

主訴は姿勢改善。 +α便秘が気になるというところで来院されました。

治療内容としては楽トレというインナーマッスルを鍛えるものと、トムソンベットという骨格矯正するものを行った結果、便秘改善につながりました。

 

そもそもなんで便秘って起こるの? というところから今日は説明します!

 

排便のしくみ

腸の動きは、自律神経に支配されています。便を体外に送り出すためのぜん動運動(=腸のくびれが肛門方向に伝わっていくこと)は、胃に食物が入ると指令(=胃・結腸反射)が出て始まります。そして、便が直腸に達すると大脳に指令が送られ、便意をもよおします。

この流れで排便というかたちになります。

便秘の原因は人によって異なります。 機能性便秘(大腸そのものの働きが悪い。) 器質性便秘(大腸そのものに傷等々がある。)にわかれます。

その中で、今日は機能性便秘を説明します。

機能性便秘の中でも三種類の便秘があります。

 

一つ目は「弛緩性便秘」=大腸の運動が低下

弛緩性便秘

腸管の緊張がゆるんでしまい、ぜん動運動が十分行われないため、大腸内に便が長くとどまり、水分が過剰に吸収されて硬くなるタイプ。

便秘の中でも頻度が高く、女性や高齢者に多い。

おなかが張る、残便感、食欲低下、肩こり、肌荒れ、イライラなどの症状も起こる。
運動不足、水分不足、食物繊維不足、腹筋力の低下、極端なダイエットなどが誘因に

 

二つ目は「痙攣性便秘」=大腸の過緊張

けいれん性便秘

副交感神経の過度の興奮によって腸管が緊張しすぎてしまい、便がうまく運ばれずに、ウサギのフンのようなコロコロとした便になるタイプ。食後に下腹部痛、残便感などの症状があることも。また便秘と下痢を交互にくり返すことも多い。
精神的ストレス、環境の変化、過敏性腸症候群などが誘因に

 

三つめは「直腸性便秘」=直腸に便が停滞

直腸性便秘(習慣性便秘)

便が直腸に達しても排便反射が起こらず、直腸に便が停滞してうまく排便できなくなるタイプ。
高齢者や寝たきりの人のほか、痔や恥ずかしさなどにより排便を我慢する習慣がある人に多い。

 

という仕組みになっています。

今日は便秘の原因についての説明しました!

次回はなぜトムソンベットで便秘が改善したのか!について説明していきます!

お楽しみに!!!!

 

 

藤接骨院 吉田院

 

静岡県榛原郡吉田町神戸126-6

 

0548-33-4320


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ホームページをご覧のあなた様へのプレゼント!

ホームページ限定特典はこちら

藤接骨院 吉田院のLINE友達登録をして
「ホームページ特典を使用したい」とお伝えください。

※初回の方のみ ※他院では使用できません

ホームページ特典

(初回検査とは?)
問診・お悩みの相談・姿勢分析などひとりひとりに合わせた提案をさせていただきます

お申し込み・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 0548-33-4320
メールでのお問合せ

榛原郡吉田町 牧之原市の整体院 骨盤矯正「藤接骨院」の詳細情報

住所 〒421-0304 榛原郡吉田町神戸126-6
電話番号 0548-33-4320
営業時間 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00 (受付は19:30まで)
交通事故の方は20時まで受付!
定休日 土曜午後・日曜・祝日
駐車場 20台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY
個人情報の取扱PI




MENU

MAIL

TEL
HOME