腱鞘炎 吉田町

腱鞘炎 吉田町

2018-10-18

腱鞘の質の変化とは、腱鞘が肥厚(むくみなどのために厚みが増すこと)したり、硬くなったりすることを指します。また、加齢や糖尿病によって腱鞘の変化を生じることもあります。

親指を無理な形で使いすぎると、手首の親指側の腱と腱鞘に炎症が起こることがあり、この状態を「ドケルバン病」といいます。また、キーボードを打つ、ものを書く、楽器を演奏する、など等の動作に関連して「バネ指」を発症することがあります。特にバネ指になるとでは、指がスムーズに屈伸できず跳ねるような動きになることがあります。

腱鞘炎では、痛みや腫れが現れます。

たとえば、手首が障害を受けるドケルバン病では、手を広げたり親指を動かしたりすると、腱鞘付近に疼痛(ズキズキとした痛み)が起こります。たとえば、物を持つ、ペットボトルを開ける、などの親指を使ったつまみ動作によって、痛みを感じます。

また、指の付け根で腱鞘炎が生じるバネ指では、症状が進行すると「バネ現象」と呼ばれる症状が現れるようになります。バネ現象では、指の動きがスムーズではなく引っかかりを感じるようになり、さらに症状が進行すると指を十分動かせなくなることもあります。

腱鞘炎の症状は、朝方に症状が悪化する傾向があります。これは、就寝中に体がむくみがちになることが影響します。こうした生理的な変化によって、腱鞘炎の症状が悪化すると考えられています。

当院では痛みを最速で抑える治療器具があります!

もしお悩みの方はご相談ください!

藤接骨院 インスタ


※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込み・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 0548-33-4320
メールでのお問合せ

榛原郡吉田町 牧之原市の整体院 骨盤矯正「藤接骨院」の詳細情報

住所 〒421-0304 榛原郡吉田町神戸126-6
電話番号 0548-33-4320
営業時間 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00 (受付は19:30まで)
交通事故の方は20時まで受付!
定休日 土曜午後・日曜・祝日
駐車場 20台分完備

コメントを残す

*

PAGE TOP

会社概要COMPANY
個人情報の取扱PI




MENU

MAIL

TEL
HOME