お客様の声

お知らせ

 [記事URL]

みなさんにお知らせです。

本日、12/12の午後から13日にかけて藤接骨院全体で研修を行います。

そのためこの期間は休診とさせていただきます。

皆様にはご迷惑をおかけしますがご理解、ご協力の程宜しくお願いいたします。

12/14からは通常診療となりますのでお願いいたします!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤骨3大キャンペーンのお知らせ!その3

2018-12-06 [記事URL]

今回は超お得なキャンペーンのことを伝えます!!

12/17~12/29の2週間限定で回数券のキャンペーンを行います!

骨盤矯正・猫背矯正・骨盤インナープログラム・F-STAILE整体・楽トレが対象となります!!!

回数がプラスになるキャンペーンとなっております!!!

詳しいことはスタッフまでお聞きください!!!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤骨3大キャンペーンのお知らせ!その2

2018-12-06 [記事URL]

12月のイベントのお知らせです!

今回は「健康サポート商品キャンペーン」のお知らせです!

期間は12/3~12/29の限定です!

藤接骨院での健康サポート商品をご購入していただいた方のみにお得なクーポンがつきます!!

クーポンの有効期限は2019年1/7~2/28までとなっています!

クリスマスラッピングも行います!

皆さん、治療だけでなくこれからはホームケアも意識していきましょう!!!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


藤骨3大キャンペーンのお知らせ!その1

2018-12-05 [記事URL]

12月より藤接骨院ではたくさんイベントを行います!!!

まず一つ目に「藤骨宝くじ」を行います!!!

お一人様1回限りの宝くじとなっています!

12/3~12/29の期間限定ですよ!なんとハズレくじ無しです!!!

使用期間は2019年1/7~2/28までご利用可能です!!!

詳しくはスタッフまでお聞きください!!お待ちしております!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


冷え 吉田町

2018-12-05 [記事URL]

冷える理由は、大きく分けると3つあります。まず、体内で熱が作れない場合です。基礎代謝は、1日のエネルギー消費の60~70%を占めています。体の部位ごとに基礎代謝を分けると、筋肉が約38%、肝臓が約12%、胃腸と腎臓がそれぞれ約8%、脾臓が約6%、心臓が約4%、その他が約24%。つまり筋肉量が少ないと、生み出せる熱が少ないのです。
男性より女性に冷えを感じる人の割合が多いのは、女性の方が筋肉量が少ないからです。ちなみに体重に対する筋肉量は、男性が約40%なのに対して女性は約36%といわれています。だから間違ったダイエットで、さらに筋肉量を減らしてしまうと慢性的な冷えに結びついてしまう可能性があるのです。

次に、作られた熱が全身に届かない場合です。その主原因は、自律神経のバランスの乱れ。バランスが乱れると、血流が滞り全身に熱が送られなくなってしまいます。これはエアコンの効いた室内と暑い屋外を出入りして、血管が収縮したり拡張したりすることでも起こります。不安やストレスが原因となっていることもあります。
食べ過ぎも冷えの要因です。食べ過ぎると消化のために血液が胃腸に集まってしまい、熱産生量の多い筋肉やほかの器官への血液供給が減ってしまうからです。高脂肪食品や塩分の多い食べ物、スイーツなどの甘い物はつい食べ過ぎてしまいます。これらは冷え対策のためだけでなく、健康維持のためにも控えることが重要です。

3つ目は体内の熱が逃げやすいという場合です。「1日2リットルの水分を補給しましょう」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは汗をかいたり排尿したりして水分をちゃんと排出している場合のことです。血流が悪くて体が冷えているため汗をかかず、水分が十分に排出されていない人は体に不要な水分がたまり、冷えやすくなってしまうのです。
また、皮下脂肪の量も問題です。脂肪には断熱効果があります。しかし、筋肉とは異なり脂肪には血管がほとんどないので、熱が加わってもその熱が全身に伝わりにくいのです。

冷えによって起こる症状は、人それぞれです。特に冬は足先、指先が冷えるなど、体のほとんどの部分で冷えを感じる場合が多いようです。反対に夏は、肩やお腹など、体幹部に冷えを感じる人が増えているといわれています。それがひどくなると、疲労感、不眠、イライラ、集中力の欠如、偏頭痛、肩こり、食欲不振、目の下のクマなど、さまざまな症状となって現れます。

当院では冷えも改善することができます!!!

しっかり姿勢分析を行い改善します!!

お悩みの方はご連絡ください!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


扁平足 吉田町 島田市

2018-12-04 [記事URL]

幼児のころから足裏が平べったく、大人になってもそのまま残っているタイプの扁平足では、痛みはあまりありません。これに対して中年以降に発症する扁平足では内側のくるぶしの下が腫れ、痛みが生じます。
初期には足の扁平化は目立ちませんが、しだいに変形が進みます。つま先立ちがしにくくなり、さらに進行すれば足が硬くなって歩行が障害されます。

足にはアーチ構造があり、効率よく体重をささえています。内側のくるぶしの下に、アーチをつり上げる働きをする後脛骨筋の腱が通っています。年齢による腱の変性や体重の負荷によって、この腱が断裂すればアーチは低下します。成人期の扁平足は女性に多く発生します。

人間は二足歩行のため足が大切となります。

当院では治療はもちろんですがご自宅での健康ケアなどもできるようにサポートいたします!!

お悩みの方はご連絡ください!!!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


オスグット 吉田町

2018-12-04 [記事URL]

脛骨結節(お皿の下の骨)が徐々に突出してきて、痛がります。時には、赤く腫れたり、熱を持ったりします。休んでいると痛みが無くなりますが、スポーツを始めると痛みが再発します。
発育期のスポーツ少年に起こりやすいのが特徴です。

10~15歳の成長期の子供が、跳躍やボールをけるスポーツをし過ぎると、発生します。

大腿四頭筋(太ももの前の筋肉)の力は、膝蓋骨を経由して膝を伸展させる力として働きます。膝を伸ばす力の繰り返しにより、大腿四頭筋が膝蓋腱付着部を介して脛骨結節を牽引するために、脛骨結節の成長線に過剰な負荷がかかり成長軟骨部が剥離することで生じます。
この時期は急激に骨が軟骨から成長する時期です。

当院では子供から大人まで体を改善することができます!!!

お悩みの方はご連絡ください!!!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


腱鞘炎 吉田町

2018-12-03 [記事URL]

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って皮下に2本の線が浮かび上がります。ドケルバン病はその母指側の線である短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

手首(手関節)の母指側にある腱鞘(手背第一コンパートメント)とそこを通過する腱に炎症が起こった状態で、腱鞘の部分で腱の動きがスムーズでなくなり、手首の母指側が痛み、腫れます。母指を広げたり、動かしたりするとこの場所に強い疼痛が走ります。

妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

母指の使いすぎによる負荷のため、腱鞘が肥厚したり、腱の表面が傷んだりして、さらにそれが刺激し、悪循環が生じると考えられています。
当院では腱鞘炎の痛みの原因はどこから来ているのかを検査できます!!

お悩みの方はご連絡ください!!!

藤接骨院 インスタ

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


肥満 吉田町

2018-12-03 [記事URL]

肥満と飢餓は正反対の状態ですが、現代人の肥満の問題は、人類が絶えず飢えにさらされてきたことと深い関係があります。

約400万年におよぶ人類の歴史はまさに飢餓との闘いで、何度もおとずれた氷河期は、人類に多くの試練を与え続けました。

人類が安定して食料を得ることができるようになったのは、人類が経験した最後の氷河期が終了した約1万年前、中東シリアで農耕が始まってからにすぎません。農耕はまたたく間にヨーロッパに広がり、日本には約3500年前、縄文後期に中国から稲作が伝わってきました。

しかし、それまでは、先史時代の厳しい食料事情の中で、乏しい食物から得られたわずかなエネルギーを出来る限り効率よく利用し、残りはすべて体の中に蓄えておく仕組みが、人類に必要でした。それは生命が生き延び、繁殖するために不可欠なことです。

食物から体内に取り入れたエネルギーを効率よく蓄えるには、余ったエネルギーをすべて脂肪に変え、皮下か内臓に蓄えねばなりません。つまり、飢餓と対抗して、体内に大量の脂肪を蓄積する能力を身につける必然性が、人類にはあったのです。

しかし、今日では、生き抜くために欠かせなかったこの能力が、かえってマイナスの作用をしていることがはっきりしてきました。

私たちの日々の生活をみますと、車社会になってあまり歩かなくなったし、肉体労働が減り、家事も電化によって負担が軽くなり、消費するエネルギーは明らかに減っています。

脂肪を蓄えた細胞は燃焼してエネルギーを供給する必要がなくなり、エネルギーをためることだけが仕事になりました。「収入」だけあって「支出」が少なくなるのなら、家計にとって大変、結構な話ですが、体では使われずにたまる一方の脂肪が深刻な問題となります。

成人のエネルギー摂取量は、ここ20年間、横ばい、もしくは減少傾向なのに、消費エネルギーが減ったために、肥満者が徐々に増え、その傾向は男性でとくにはっきりしています。以前はあまり見かけなかった高度の肥満もよく見かけるようになりました。

肥満度が高くなるにつれ、睡眠中の呼吸障害をきたしやすくなり、突然死や睡眠時死亡を引き起こすことがあります。

さらに肥満は糖尿病、高脂血症、高血圧、痛風、胆石症、骨粗しょう症などの下地にもなりやすく、そのため狭心症、心筋梗塞など、虚血性心臓病や脳卒中の原因になります。乳がん、子宮体がん、大腸がんの原因にもなりますから「肥満は万病のもと」といっていいのです。

いかに肥満を予防するか・・・・それは、現代人にとって日々心がけねばならない重要なテーマなのです。

当院では肥満改善やがんの予防まで可能です!!!

お悩みの方はご連絡ください!!!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


12月イベント案内

2018-11-28 [記事URL]

12月からは様々なイベントを行います!!!!

まず、12月3日からは「箱灸」を行います!!!

冷え・むくみ・肩こり・腰痛・婦人科疾患などに効果があります!!

なんと1回500円でできますんでお気軽にお声かけください!

 

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


ジャンパー膝 吉田町

 [記事URL]

ジャンパー膝とは、スポーツや運動などを過度におこなうことでおこる慢性的な膝の障害です。膝蓋腱炎とよばれることもあります。

ジャンパー膝は名前のとおり、ジャンパー(ジャンプや着地の動作をくり返しおこなう人)が発症しやすい病気です。バレーボールやバスケットボールなどジャンプが多いスポーツをおこなう選手は膝に過度な負担がかかりやすく、発症する方が多くなります。

多くはスポーツなどをおこなうことで「膝の使いすぎ」になることが原因です。バレーボール選手、バスケットボール選手に多くみられます。

ジャンパー膝では大腿四頭筋腱(太もも前面の筋肉とひざの皿のところの骨をつないでいる腱)や、膝蓋腱(ひざの皿のところの骨とすねの骨をつないでいる腱)といった、膝のあたりのに炎症がおきます。こうしたことで膝のあたりに痛みを感じるようになります。

ジャンパー膝では膝に痛みがあらわれます。特に膝蓋骨(ひざの皿のところの骨)のすぐ下側のあたりに圧痛をみとめることがあります。

痛みはこのようなときにあらわれます。

  • スポーツでジャンプをおこなうとき
  • 階段をのぼるとき
  • 深くしゃがみこんだとき

など

当院では様々な痛みに対応することができます!!!

いつでもご連絡ください!!

藤接骨院 インスタ

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


脱臼 吉田町

2018-11-20 [記事URL]

肩関節は反復性脱臼が最も多くみられる関節です。
ほとんどのものが外傷性の脱臼に続発しておこります。

外傷による肩関節の脱臼は、ラグビー、アメフト、柔道などのコンタクトスポーツに多く、前下方脱臼がほとんどです。肩関節は一度脱臼を起こすと、その後は脱臼しやすくなり、前下方脱臼では、外転・外旋位を強制されることによっておこります。

脱臼の回数を増すごとに軽微な外力でおこるようになり、スポーツ活動ばかりでなく、寝返りのような日常動作でも脱臼が起こりやすくなります。これを反復性肩関節脱臼と呼びます。

脱臼する方向によりますが、前下方に脱臼する反復性肩関節脱臼では、外転・外旋する動作に不安感を持ち、肩関節前方の不安定感があり、同部に圧痛があることが多いです。

脱臼すると、上腕はばね様固定となり、前下方脱臼では前下方に上腕骨骨頭を触れます。
簡単に自分の力で整復できることもあります。

初回の肩関節脱臼の年齢が若いと反復性脱臼に移行しやすいと言われています。10歳代に初回脱臼したものは、80~90%が再発するのに40歳代以降では再発はほとんどないのが普通です。

肩関節は上腕骨と肩甲骨との間の関節で、接触面が小さく不安定で、関節包や関節唇という軟部組織にささえられています。
肩関節が脱臼すると、多くの場合この軟部組織がはがれたり切れたりして、安静にしていてもこれがうまく治らないことが、反復性脱臼(脱臼ぐせ)になってゆく大きな原因です。

当院では柔道整復師という国家資格を持った人がいます!!
もしなってしまったらすぐにお越しください!!!

※お客様の声はあくまで個人の体験談であり、得られる結果には個人差があります。


お申し込み・お問合せはこちら

電話・メールでのお問合せ

電話: 0548-33-4320
メールでのお問合せ

榛原郡吉田町 牧之原市の整体院 骨盤矯正「藤接骨院」の詳細情報

住所 〒421-0304 榛原郡吉田町神戸126-6
電話番号 0548-33-4320
営業時間 午前 9:00~12:00 午後 15:00~20:00 (受付は19:30まで)
交通事故の方は20時まで受付!
定休日 土曜午後・日曜・祝日
駐車場 20台分完備

PAGE TOP

会社概要COMPANY
個人情報の取扱PI




MENU

MAIL

TEL
HOME